Chadle<キリムのある生活> › 2012年02月08日

PR広告

  

Posted by at

2012年02月08日

キリムを楽しむ会

お客様のキリムを楽しむ会にお招き頂きました。
キリムをどっさり持って行き、産地における織りの違いや
うんぬんかんぬん・・・を心ゆくまで楽しんだ時間でした。

それにしてもこちらの奥さま方の製作される
ハーダンガー刺繍は16世紀、ノルウェーの漁村の夫人達が
冬の仕事が少ない時期に製作したのが始まりで
独自の刺繍へと発展したものだそうです。



「ひとめひとめを数えながら刺していく作業で
刺し違いを気がついた時にはそこまで解かないといけないので
最終の段階で気が付いた時には体中の力が抜ける思い」
だそう。



「素敵なものを今日はありがとう」の言葉を口ぐちに頂きましたが
私も同じ思いで帰路につきました。